妙竜   (1705-1786)

妙竜(みょうりゅう、宝永2年6月22日(1705年8月11日)- 天明6年6月10日(1786年7月5日))は、江戸時代中期の真言律宗の僧。 俗姓は仙石氏。 号は雲蓮社空華。 美濃国の出身。 尾張国八事山興正寺5世。 美濃国長安寺の岱梁に戒律を学び、15歳で真言密教の四度加行(しどかぎょう)を受けた。 17歳となったとき八事山興正寺に入って具足戒を受け、同じ年に浄土宗鎮西派白旗流の璽書を受ける。 30歳で八事山興正寺第5世となった。 生涯を通じて密教・戒律・浄土教を学び、それらの復興に尽力した。 江戸時代の僧 戒律 美濃国の人物 1705年生 1786年没

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミョウリュウ
人物別名 妙龍

諦忍

空華
生年 1705年
没年 1786年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
商家繁栄農家豊作重宝記 ; 民家豊饒重宝記 ; 放生歓喜艸 ; 誡殺放生文 ; 放生勧進録 ; 放生手引草 ; 法義家内示談 [森住万願堂編] ; [森泉万貫堂編] ; [純称作] ; [鞍馬山某闍梨作] ; [作者不明] ; [諦忍作] ; [浄満寺講師某作] 大空社
2013.5
大日本佛教全書 仏書刊行会 編纂 大法輪閣
2007.1
大日本仏教全書 鈴木学術財団 編 講談社
鈴木学術財団
1971
眞言念佛集 ; 禪祖念佛集 ; 外六部 - 仏書刊行会
1919.2
空華談叢 諦忍律師著 ; 今村金治郎編輯 鴻盟社
1898.8
和語陰隲録大意 - 潤譽隆雲
1896.9 附言
真宗安心大要 大瀛, 諦忍 著 ; 佐々木慧雲 編 興教書院
明28.5
放生手引草 妙竜 著 貯徳会
明20.7
念仏醍醐秘要蔵 諦忍 述 ; 加藤恵証 校 和敬支会
明18.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
摧駁以呂波問辨 妙竜
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想