毛利 元就   (1497-1571)

毛利 元就(もうり・もり もとなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸(現在の広島県西部)の国人領主・戦国大名。 本姓は大江氏。 家系は大江広元の四男 毛利季光を祖とする毛利氏の血筋。 寒河江氏などは一門にあたる。 家紋は一文字三星紋。 安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)を本拠とした毛利弘元の次男。 幼名は松寿丸(しょうじゅまる)、通称は少輔次郎(しょうのじろう)。 安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となり「戦国最高の知将」「謀神」などと後世評される。 用意周到かつ合理的な策略及び危険を顧みない駆...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モウリ モトナリ
人物別名 毛利元就
生年 1497年
没年 1571年
職業・経歴等 戦国大名

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
春霞集 毛利元就 著 稲垣常三郎
明24.12
大江元就詠草 大江元就[詠] 書写者不明
安政3 [1856]
大江元就公獨詠集 大江元就詠 - 宝暦3 [1753]
元就詠草 大江元就作 書写者不明
天正2 [1574]
[春霞集] 大江元就 [詠] 書写者不明
天正元 [1573]
詠草 毛利元就著 者不明
元亀2 [1571]
春霞集 2巻 [毛利元就著] 者不明
[出版年不明]
大江元就家集 大江元就詠 - [江戸後期]
春霞集 2巻 大江元就作 者不明
[幕末明治期]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
詠草 毛利 元就
連哥 毛利 元就
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想