巻 菱湖   (1777-1843)

巻 菱湖(まき りょうこ、安永6年(1777年) - 天保14年4月7日(1843年5月6日))は、江戸時代後期の書家。 越後国巻(現在の新潟市西蒲区)に生まれる。 姓は池田、後に巻を名襲名。 名は大任、字は致遠または起巌、菱湖は号で、別号に弘斎。 通称は右内と称した。 [業績] 明治政府及び宮内庁の官用文字・欽定文字は御家流から菱湖流に改められ、菱湖の門下生は1万人を超えたと伝えられている。 市河米庵、貫名菘翁と共に「幕末の三筆」と並び称された。 [略歴] 幼少の頃から新潟町で育ち、寺の住職に書の手ほどきを受けた。 母親が他界した後、19歳で江戸へ行き、書家の亀田鵬斎に師事して書と詩を学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マキ リョウコ
人物別名 巻菱湖

池田

大任

致遠

菱湖
生年 1777年
没年 1843年
職業・経歴等 能書家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
良寛と巻菱湖 : 越後が生んだ幕末の二人の書人 松矢国憲編 新潟県立近代美術館
2016.12
良寛と巻菱湖 良寛, 巻菱湖 [書] 新潟県立近代美術館
2016.12
篋中集 巻菱湖, 森銑三著 ; 小出昌洋編 個人社
2007.9
巻菱湖楷書・行書千字文 : 日本の美-江戸の書 巻菱湖 筆 字典舎
巻菱湖研究所
2003.8
和英通韻以呂波便覧 : 巻菱湖書 [倭字巻菱湖先生書 ; 蟹行字阿蘭陀人書 ; 尚友堂主人校] 内外
1983.3
菱湖先生百人一首 : 唐樣假名調和体 [巻菱湖] 法書会出版部
西東書房
1934.4
菱湖書簡選 [菱湖筆] ; 杉山令吉編 早稲田大学出版部
1910.12
菱湖書簡選 [菱湖書] ; 杉山令吉編 早稲田大学出版部
1909.1
真書千字文 : 巻大任書 蔆湖先生 書 万屋東平
〔明治--〕
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想