高 良斎   (1799-1846)

高 良斎(こう りょうさい、1799年6月22日(寛政11年5月19日) - 1846年11月1日(弘化3年9月13日))は、日本・江戸時代の医学者、蘭学者。 [経歴] 江戸時代後期の1799年(寛政11年)、阿波国(現:徳島市常三島町)・徳島藩中老の伊蔵好直のもとに生まれるが、生後間もなく眼科医の高錦国の養子に出された。 「本草学」を乾純水から学び、医学(主に眼科)を養父である高錦国から学んだ。 19歳の時には長崎に出てシーボルトや吉雄権之助に従事して西洋医学を修めた。 1826年(文政9年)にはシーボルトの江戸行きに随行し、その後シーボルト事件に連座して一時蟄居させられることになった。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コウ リョウサイ
人物別名 高良斎


子清

輝斎

良斎
生年 1799年
没年 1846年
職業・経歴等 自然科学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
高良斎とその時代 福島義一 著 思文閣
1996.5
藥品應手録 高良齋 IDC
1982
和蘭文法 : 附属名言篇 高良斎 [著] 天理大学出版部
1974.4
施福多先生文献聚影 vertaald door O. Kenkai シーボルト文献研究室
1936
施福多先生文献聚影 vertaald door O. Kenkai シーボルト文献研究室
1936
施福多先生文献聚影 vertaald door O. Kenkai シーボルト文献研究室
1936
施福多先生文献聚影 vertaald door O. Kenkai シーボルト文献研究室
1936
施福多先生文献聚影 vertaald door O. Kenkai シーボルト文献研究室
1936
施福多先生文献聚影 vertaald door O. Kenkai シーボルト文献研究室
1936
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想