北畠 親房   (1293-1354)

北畠 親房(きたばたけ ちかふさ)は鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿。 著書の『神皇正統記』で名高い。 [生涯] 北畠家は、村上源氏の流れを汲む名門であり、正応6年(1293年)6月24日、生後わずか半年で叙爵。 徳治2年(1307年)11月、左少弁に在任の際、清華家の北畠家よりも家格の低い名家出身の冷泉頼隆が弁官となったことに憤激して職を辞したという(「公卿補任」)。 延慶元年(1308年)11月、非参議従三位として公卿に昇進。 延慶3年(1310年)12月、参議に任じられ、翌応長元年(1311年)7月に左衛門督に任じ検非違使別当を兼ねた。 同年12月、権中納言に昇進する。 後醍醐天皇が即...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタバタケ チカフサ
人物別名 北畠親房
生年 1293年
没年 1354年
職業・経歴等 公家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代語訳神皇正統記 [北畠親房] [著] ; 今谷明 著 Kadokawa
2015.6
國學院大學貴重書影印叢書 大学院六十周年記念國學院大學影印叢書編集委員会 編 朝倉書店
2014.2
内閣文庫所藏史籍叢刊 皆川完一, 益田宗, 小口雅史, 筧雅博 編修委員 汲古書院
2012.12
神皇正統記 元元集 北畠親房 著北畠親房 著 現代思潮新社
2007.3
軄原鈔 2巻 北畠親房 [著] 日本文化資料センター
2000.4
中世歴史叙述の展開 : 『職原鈔』と後期軍記 加地宏江 著 吉川弘文館
1999.7
神皇正統記 [北畠親房著] 日本文化資料センター
1998.4
神皇正統記 北畠親房 [著] 日本文化資料センター
1998.4
神皇正統記 [北畠親房著] 日本文化資料センター
1998.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想