感和亭 鬼武   (1760-1818)

感和亭 鬼武(かんわてい おにたけ、宝暦10年(1760年) - 文化15年2月21日(1818年3月27日))は、日本の戯作者。 1806年刊の「自来也説話」で知られる。 [プロフィール] 本名は前野曼七(まえのまんしち、前野曼助とする説もあり)。 剣術「神道無念流」の使い手であり、もともとは一橋家の勘定方幕臣であったが、武士をやめ隠居の身となる。 その後飯田町に住んだのち浅草へ転居、画を谷文晁に、戯作を山東京伝に弟子入りして学んだ。 交流のあった文人に十返舎一九らが挙げられている。 北宋の説話集「諧史」に登場する盗賊の物語を翻案し、1806年に「報仇奇談自来也説話(かたきうちきだんじらい...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カンワテイ オニタケ
人物別名 感和亭鬼武

鬼武

前野, 曼七

曼亭, 鬼武
生年 1760年
没年 1818年
職業・経歴等 戯作者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
翻刻『「復讐奇談」信夫摺在原草紙』 [中川昌房] [作] ; [感和亭鬼武] [校合] ; 原田佳美 翻刻 ; 藤沢毅 編 尾道市立大学芸術文化学部日本文学科
2014.3
報仇奇談自来也説話 近世怪談霜夜星 感和亭鬼武 作 ; 蹄斎北馬 画柳亭種彦 作 ; 葛飾北斎 画 国書刊行会
2003.3
熊阪一代記 感和亭鬼武 著 競争屋
明23.9
信夫摺在原草紙 : 復讐奇談 中川昌房 著 ; 感和亭鬼武 校 誾花堂
明19.5
熊阪一代記 感和亭鬼武 著 浜本伊三郎
明19.12
新編熊阪説話 5巻 感和亭鬼武著 者不明
文化12 [1815] 序
新編熊阪説話 5巻 (存4巻) 感和亭鬼武著 伏見屋半三郎
伏見屋嘉兵衛
大坂屋茂吉
文化12 [1815] 序
復讐浮樂鏡忠義見通 3巻 感和亭鬼武作 ; 菊川英山画 西村与八
文化9 [1812]
東男竒遇糸筋 5巻 感和亭鬼武著 者不明
文化8 [1811] 叙
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想