加納 諸平   (1806-1857)

加納 諸平(かのう もろひら、文化3年(1806年)-安政4年6月24日(1857年8月13日))は、江戸時代後期の国学者。 通称は小太郎。 別名は兄瓶(えみか)。 号は柿園(しえん)。 [経歴] 国学者夏目甕麿の子として遠江国で生まれる。 18歳で紀伊国和歌山の医師・加納家の養子となる。 本居大平に国学を学び、後に紀州藩の命で『紀伊続風土記』『紀伊国名所図会』の編纂にあたった。 また、自身や実父の歌をはじめとする当代の優れた和歌を収めた『類題和歌鰒玉集』を文政11年(1828年)に刊行、以降日本全国から優れた和歌を募集して『類題和歌鰒玉集』の続編の編纂にあたり、安政元年(1854年)までに...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カノウ モロヒラ
人物別名 加納諸平

諸平

柿園
生年 1806年
没年 1857年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2013.2
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2013.2
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2013.2
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2012.12
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2012.12
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2012.12
日本女性文学研究叢書 : 古典篇 日本女子大学文学部日本文学科 編・解説 クレス
2012.12
類題和歌鰒玉・鴨川集 [加納諸平, 長澤伴雄] [編] ; 朝倉治彦 監修 ; 中澤伸弘, 宮崎和廣 編・解題 クレス
2006.4
類題和歌鰒玉・鴨川集 [加納諸平, 長澤伴雄] [編] ; 朝倉治彦 監修 ; 中澤伸弘, 宮崎和廣 編・解題 クレス
2006.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想