各務 支考   (1665-1731)

各務 支考(かがみ しこう、寛文5年(1665年) - 享保16年2月7日(1731年3月14日))は、江戸時代前期の俳諧師。 蕉門十哲の一人。 村瀬吉三郎の子。 別号に東華房、西華房、獅子庵などがある。 美濃国山県郡北野村西山(現在の岐阜市)出身。 幼少より俳才を発揮し、元禄のころに松尾芭蕉の門下に入る。 森川許六とともに論客と知られたが、性格は利己主義的だとして悪評もあった。 後年、美濃派の育成に努めた。 著書は『笈日記』・『俳諧十論』・『葛の松原』など多数。 [生涯] 幼少の頃父を失い、禅刹大智寺に小僧として預けられると、姉の嫁ぎ先 各務甚平の養子となった。 19歳の頃、還俗して京都や...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カガミ シコウ
人物別名 各務支考

支考

獅子庵

獅子房

西華房

西華坊

東華房

東華坊

東花坊

白狂

野盤子

蓮二房

蓮二坊

蓮二

渡部狂

獅子房, 蓮二

西華坊, 支考

蓮二房, 支考
生年 1665年
没年 1731年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
支考俳句歳時記 各務支考 [著] ; 獅子門 編 芭蕉・支考顕彰会
2014.5
天理図書館綿屋文庫俳書集成 天理図書館綿屋文庫俳書集成編集委員会 編 八木書房
天理大学出版部
1997.10
日本俳書大系 勝峰晋風 編 日本図書センター
1995.8
日本俳書大系 勝峰晋風 編 日本図書センター
1995.8
葛の松原集注 野盤子支考 述 ; 潜淵菴不玉 撰 ; 夏見知章 [ほか解説] 武庫川女子大学国文学科夏見研究室
1980.1
芭蕉翁追善之日記 各務支考 著 ; 責任編集: 赤羽学 福武書店
1974
芭蕉翁追善之日記 [各務支考著] 俳文学会
1959.7
古今集誹諧歌解 東花坊撰 竹浦楼
1935.7
鶉衣 森川許六 著 ; 藤井紫影 校各務支考 著 ; 横井也有 著編 ; 武笠三諸 校 有朋堂書店
昭2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想