藤原 宗忠   (1062-1141)

藤原 宗忠(ふじわら の むねただ)は、平安時代後期の公卿。 藤原北家中御門流の権大納言藤原宗俊の長男。 従一位・右大臣。 別名、中御門宗忠。 日記『中右記』を残した。 名称の由来は中御門右大臣の日記から。 音楽の才があり、管弦や笙をよくした。 また催馬楽にも秀でた。 音律に関する著書『韻花集』『白律韻』があったとされるが現存しない。 和歌は『続古今和歌集』『玉葉和歌集』に入集。 [史的立場] 摂関政治から院政への過渡期の公卿として、その時代の動きや自身の身辺での出来事、また、重要な人物との接触や、その活動についての自身の意見や評価を日記として残し、その時代をつかむ上で重要な史料を後世に提供...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジワラ ムネタダ
人物別名 藤原宗忠
生年 1062年
没年 1141年
職業・経歴等 貴族

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大日本古記録 中右記 [藤原宗忠] [記] ; 東京大學史料編纂所 編纂 岩波書店
2014.3
平清盛 : 2012年NHK大河ドラマ50年特別展 NHK, NHKプロモーション編 NHK
NHKプロモーション
2012.1
大日本古記録 東京大学史料編纂所 編纂 岩波書店
2011.3
大日本古記録 東京大学史料編纂所 編纂 岩波書店
2008.3
大日本古記録 東京大学史料編纂所 編纂 岩波書店
2005.3
大日本古記録 東京大学史料編纂所 編纂 岩波書店
2002.3
中右記 藤原宗忠 著 臨川書店
2001.8
中右記 藤原宗忠 著 臨川書店
2001.8
中右記 藤原宗忠 著 臨川書店
2001.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想