藤原 家隆   (1158-1237)

藤原 家隆(ふじわら の いえたか、保元3年(1158年) - 嘉禎3年4月9日(1237年5月5日))は、鎌倉時代初期の公卿、歌人。 有職読みで「かりゅう」とも呼ばれる。 初名は顕隆。 法名は仏性。 壬生二位と号する。 中納言・藤原兼輔の末裔で、権中納言・藤原光隆の次男。 官位は従二位・宮内卿。 『新古今和歌集』の撰者の一人。 小倉百人一首では従二位家隆。 [経歴] 安元元年(1175年)叙爵、安元3年(1177年)侍従。 阿波介・越中守の地方官を併任し、建久4年(1193年)正月に侍従を辞任、正五位下に昇叙。 正治3年(1201年)正月に従四位下。 元久3年(1206年)宮内卿。 承久3...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジワラ イエタカ
人物別名 藤原家隆
生年 1158年
没年 1237年
職業・経歴等 公家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
和歌文学大系 久保田淳 監修 明治書院
2018.1
源氏系図 藤原家隆 筆 専修大学出版局
1980.5
藤原家隆集とその研究 久保田淳 編著 三弥井書店
1968
新古今和歌集 : 全 ; 新葉和歌集 : 全 三浦理編輯 有朋堂書店
1913.2
大中臣忠光郷傳来古今傳受秘傳 - 書写者不明
1902.6
定家家隆両卿五十番歌合 - 宇都宮栄太郎
明25.9
新古今和歌集 源通具 [ほか] 撰 江島伊兵衛
1891
歌合部類 - 伊丹屋善兵衛
河内屋徳兵衛
河内屋源七郎
天保8 [1837]
[和歌灌頂次第秘密抄] 藤原家隆著 書写者不明
天保2 [1831]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想