羽倉 簡堂   (1790-1862)

羽倉 簡堂(はくら かんどう、寛政2年11月1日(1790年12月6日) - 文久2年7月3日(1862年7月29日))は、江戸時代後期の儒学者、代官。 名は用九(もろちか)、字は子乾、号は簡堂・天則・可也・蓬翁・小四海堂などがあり、通称は外記。 父・秘救(やすもり)は旗本で幕府代官を勤めていた。 [略歴] 大坂で生まれる。 若い時から古賀精里に学び、同門の斎藤拙堂・篠崎小竹らと交わる。 父の赴任に伴い豊後に下り、広瀬淡窓の咸宜園に学ぶ。 1808年に父の死に遭い、代官職を継ぎ、武毛(武蔵・上野・下野)・房総・駿河など各地を歴任する。 1838年には伊豆七島を巡視し、その成果を『南汎録』にま...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハグラ カンドウ
人物別名 羽倉簡堂

用九

士乾

外記

簡堂

天則

小四海堂

羽倉, 用九

羽倉, 天則
生年 1790年
没年 1862年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
南汎録 : 伊豆諸島巡見日記 羽倉簡堂 著 ; 金山正好 校訂・訳・解説 緑地社
1984.11
簡堂遺文 羽倉簡堂 著 ; 羽倉信一郎 編 吉川弘文館
昭和8
駿河小志 瓦松菴肆山 著 ; 静岡郷土研究会 編羽倉用九 著 ; 静岡郷土研究会 編 静岡郷土研究会
昭和4
簡堂叢書 羽倉用九 (外記) 編 宝文閣
明14.8
三律摭要 羽倉簡堂 (用九, 外記) 編 宝文閣
明14.8
簡堂叢書 羽倉用九 (外記) 編 宝文閣
明14.8
簡堂叢書 羽倉用九 (外記) 編 宝文閣
明14.8
簡堂叢書 羽倉用九 (外記) 編 宝文閣
明14.8
簡堂叢書 羽倉用九 (外記) 編 宝文閣
明14.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想