安藤 為章   (1659-1716)

安藤 為章(あんどう ためあきら、万治2年5月23日(1659年7月12日) - 享保元年10月13日(1716年11月26日))は、江戸時代初期から中期にかけての国学者。 名は為明、為章。 通称は右平、新介。 年山と号する。 兄は安藤抱琴(為実)。 [生涯] 伏見宮に仕える安藤朴翁の次男として丹波国桑田郡(現京都府)に生まれる。 儒学を伊藤仁斎に、和歌を中院通茂に学ぶ。 兄の為実とともに最初は伏見宮に仕え、後に2人とも水戸藩の徳川光圀に招かれて彰考館の寄人となり『大日本史』『礼儀類典』『釈万葉集』の編纂に従事した。 光圀の命令で契沖のもとに万葉集の註釈を教わりにたびたび出かけることとなり、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アンドウ タメアキラ
人物別名 安藤為章

年山
生年 1659年
没年 1716年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三省録 ; 三省録後編 ; 火浣布略説 ; 年山紀聞 志賀忍著 ; 原義胤著 ; 平賀鳩渓著 ; 安藤為章著 NetLibrary
2009
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1995.1
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1974
河海抄 ; 花鳥餘情 ; 紫女七論 [室松岩雄校訂編輯] すみや書房
1967.11
日本文学古註大成 國文名著刊行會編 国文名著刊行会
昭和9
南留別志 ; 可成三註 ; 非なるべし ; 南留別志の辨 ; あるまじ ; ざるべし ; 北窓瑣談 ; 酣中清話 ; 三省録 ; 三省録後編 ; 火浣布略説 ; 年山紀聞 荻生徂徠著 ; 篠崎東海[ほか]著 ; 富士谷成章著 ; 伊勢貞丈著 ; 谷真潮著 ; 橘春暉著 ; 小島知足著 ; 志賀忍著 ; 原義胤著 ; 平賀鳩渓著 ; 安藤為章著 日本随筆大成刊行会
1928.12
紫家七論 北村湖春 編 ; 関根正直 校安藤為章 著 ; 関根正直 校 富山房
大正15
国文註釈全書 本居豊穎 等校 皇学書院
大正2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想