雨森 芳洲   (1668-1755)

雨森 芳洲(あめのもり ほうしゅう、寛文8年5月17日(1668年6月26日) - 宝暦5年1月6日(1755年2月16日))は、江戸時代中期の儒者。 諱は俊良、のち誠清(のぶきよ)、通称は藤五郎・東五郎、号は芳洲、字を伯陽、漢名として雨森東を名乗った。 中国語、朝鮮語に通じ、対馬藩に仕えて李氏朝鮮との通好実務にも携わった。 [生涯] 寛文8年(1668年)、近江国伊香郡雨森村(現・滋賀県長浜市高月町雨森)の町医者の子として生まれた。 12歳の頃より京都で医学を学び、18歳の頃に江戸へ出て朱子学者・木下順庵門下に入った。 同門の新井白石、室鳩巣、祇園南海らとともに秀才を唱われ、元禄2年(16...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アメノモリ ホウシュウ
人物別名 雨森芳洲

雨森, 俊良

伯陽

東五郎

芳洲

雨森, 東五郎
生年 1668年
没年 1755年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
交隣提醒 [雨森芳洲著] ; 幾五郎写 カギヤコーポレーション
[2015]
交隣提醒 雨森芳洲 [著] ; 田代和生 校注 平凡社
2014.8
筠庭雑録 ; 橘窓茶話 喜多村信節 [著] ; 雨森芳洲 [著] NetLibrary
2009
河社 ; 多波礼草 ; 本朝世事談綺正誤 ; 桑楊庵一夕話 ; 鄰女晤言 釈契沖著 ; 雨森芳洲著 ; 山崎美成著 ; 岸誠之著 ; 釈慈延著 NetLibrary
2009
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
新日本古典文学大系 佐竹昭広 ほか編 岩波書店
2000.3
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1994.9
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1994.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想