掛谷 宗一   (1886-1947)

掛谷 宗一(かけや そういち、1886年1月18日 - 1947年1月9日)は日本の数学者。 東京帝国大学教授。 統計数理研究所所長。 1909年東京帝国大学理科大学を卒業。 その後、東北帝国大学助教授、東京文理科大学教授などを経て、1934年7月31日帝国学士院会員に選定され、1935年東大理学部教授となる。 1944年に統計数理研究所の初代所長を務める。 掛谷の代数方程式の根についての研究は、掛谷の定理として知られる。 1928年『連立積分方程式及び之に関連せる函数論的研究』で帝国学士院恩賜賞を受賞。 1941年に勲二等瑞宝章を授与された。 掛谷問題は、掛谷が東北大学在職中に考えた「長さ1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カケヤ ソウイチ
人物別名 掛谷宗一
生年 1886年
没年 1947年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
微分学 掛谷宗一 著 岩波書店
1952
微分学 掛谷宗一 著 岩波書店
1951
微分学 掛谷宗一 著 岩波書店
1948
積分学 掛谷宗一 著 岩波書店
昭和23
高等数学概要 : 解析幾何・微分・積分及ビ微分方程式 掛谷宗一 著 岩波書店
1948
積分学 掛谷宗一 著 岩波書店
1948
平面球面三角法 掛谷宗一, 蓮池良太郎 共著 中文館書店
1948
一般函数論 掛谷宗一 著 岩波書店
1947
平面・球面三角法 掛谷宗一, 蓮池良太郎 共著 中文館書店
1947 8版
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想