戒能 通孝   (1908-1975)

戒能 通孝(かいのう みちたか、1908年5月30日 - 1975年3月22日)は、日本の法学者。 専門は民法。 弁護士。 [来歴・人物] 長野県飯田市生まれ。 本籍は愛媛県。 第五高等学校、東京帝国大学卒。 法学博士。 師は穂積重遠、末弘厳太郎。 在学中セツルメント法律相談部に参加。 満鉄調査部の宮崎正義が率いる日満財政研究会に、当時、東京帝国大学経済学部助手だった古賀英正(後の作家南條範夫)らとともに参加。 軍による東亜支配を経済的に支える統制経済計画の策定に深く関与する。 戦後、東京裁判で鈴木貞一の補佐弁護人を務めた。 また、民主主義科学者協会法律部会や日本法社会学会の設立・発展に貢献...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カイノウ ミチタカ
人物別名 戒能通孝
生年 1908年
没年 1975年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近世の成立と神権説 戒能通孝 著 大学図書
慈学社
2012.2
法律講話 戒能通孝 著 大学図書
慈学社
2011.4
法律時評 : 1951-1973 戒能通孝 著 大学図書
慈学社
2008.3
公害とはなにか 戒能通孝 著 実教
1994.6
「家族・婚姻」研究文献選集 戒能通孝著 クレス
1990.10
現代経済学への反省 宇沢弘文 著 岩波書店
1987.5
プライヴァシー研究 戒能通孝, 伊藤正己 編 日本評論社
1986.1
戒能通孝著作集 戒能通孝著 ; 潮見俊隆編・解説 日本評論社
1977.4
戒能通孝著作集 戒能通孝著 ; 長谷川正安編・解説 日本評論社
1977.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想