海後 宗臣   (1901-1987)

海後 宗臣(かいご ときおみ、1901年9月10日 - 1987年11月22日)は、日本の教育学者、東京大学名誉教授。 茨城県出身。 海後勝雄の兄。 1926年、東京帝国大学文学部教育学科卒。 1936年、東京帝国大学助教授。 1947年、教育学部教授。 1962年、定年退官、名誉教授。 1958年、日本教育学会会長。 明治教育史、社会科教育などを研究。 [著書] 『ディルタイの哲学と文化教育学』目黒書店 1926 『クリークの教育哲学』目黒書店 1931 『西村茂樹・杉浦重剛』北海出版社 1936 日本教育家文庫 『高等小学期教育の郷土化』成美堂書店 1937 『日本教育小史』日本放...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カイゴ トキオミ
人物別名 海後宗臣
生年 1901年
没年 1987年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
海後宗臣教育改革論集 海後宗臣 著 ; 寺﨑昌男, 斉藤利彦, 越川求 編 東京書籍
2018.2
日本教科書大系 海後宗臣, 仲新, 石川謙, 石川松太郎 編纂 方丈堂
c2017
教育基本法問題文献資料集成 平原春好 責任編集 日本図書センター
2007.1
戦後道徳教育文献資料集 貝塚茂樹 監修 日本図書センター
2004.6
社会・生涯教育文献集 上杉孝實 ほか編 日本図書センター
2001.1
戦後教育改革構想 寺崎昌男 責任編集 ; 小川利夫, 平原春好 企画・編集 日本図書センター
2001.7
日本近代学校史 海後宗臣 著 クレス
2001.12
日本近代学校史 海後宗臣著 クレス
2001.12
教科書でみる近現代日本の教育 海後宗臣, 仲新, 寺崎昌男 著 東京書籍
1999.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想