戸沢 忠盛

戸沢 忠盛(とざわ ただもり、生年不詳 - 天文14年4月14日(1545年5月24日))は、14代当主戸沢征盛の男で戸沢氏15代当主戸沢秀盛の弟。 通称戸沢平五郎、また淀川上総介とも称す。 出羽淀川城(現在の秋田県大仙市協和)の城主。 子に戸沢盛門、戸沢盛行。 大永7年(1527年)、戸沢氏と安東氏との合戦の際、当主秀盛の弟で前線に近い淀川城主だった忠盛が秋田方に寝返ったとの風聞が伝わって、角館領内は動揺したが、翌年、忠盛が角館にきて弁明したことでこのときは一件落着している。 享禄2年(1529年)、兄秀盛が死去し、あとにはわずか6歳の道盛が残された。 忠盛は淀川から角館に移って、その後見役...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トザワ タダモリ
人物別名 戸沢忠盛
生年 -
没年 1545年
職業・経歴等 戦国武将
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想