籠瀬 良明   (1911-2000)

籠瀬 良明(かごせ よしあき、1911年 - 2000年12月)は、日本の地理学者。 富山県入善町の黒部川扇状地で生まれる。 日本大学卒、日大第三中学校教諭、60年「わが国に於ける低位生産水田地域の地理学的研究」で日大文学博士、日大文学部助教授、横浜市立大学教授、68年日大教授、81年定年退任、90年「自然堤防の諸類型に関する研究-河岸平野と災害」で日大理学博士。 黒部川扇状地研究所名誉所長、日本城郭史学会名誉会長。 地図と現地調査を重視し、平野の水害や土地利用、集落や歴史的変遷の研究を専門としている。 (『日本の名随筆』別巻46) [著書] 『東亜十億人の地理』井田書店 1943 『耕地の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カゴセ ヨシアキ
人物別名 籠瀬良明
生年 1911年
没年 2000年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
地図読解入門 籠瀬良明 著 古今書院
2017.4
大学テキスト地図読解入門 籠瀬良明 著 ; 水嶋一雄 編 古今書院
2009.11
地図読解入門 籠瀬良明 著 古今書院
2000.7
北方四島・千島・樺太 : 地図で語る戦前・戦中・戦後 籠瀬良明 著 古今書院
1995.3
地図の旅愁 : 谷・野・川と人びと 籠瀬良明 著 古今書院
1993.7
自然堤防の諸類型 : 河岸平野と水害 籠瀬良明 著 古今書院
1990.4
大縮尺図で見る平野 籠瀬良明 著 古今書院
1988.4
地図読解入門 籠瀬良明 著 古今書院
1984.3
日本城郭史研究叢書 小室栄一編 名著
1984.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想