加堂 秀三   (1940-2001)

加堂 秀三(かどう しゅうぞう、1940年4月11日 - 2001年2月2日)は、日本の小説家。 [経歴] 大阪府に生まれる。 高校中退後、研磨工、印刷工、貿易会社社員、コピーライターなど、さまざまな職業を経験しながら詩を発表。 1970年、「町の底」で第14回小説現代新人賞受賞。 1979年、『涸瀧』で第1回吉川英治文学新人賞受賞。 1982年、『舞台女優』で第87回直木三十五賞候補。 2001年 埼玉県嵐山町志賀の自宅にて縊死。 [作品リスト] 貴船山心中 講談社 1972 緋の禊 祥伝社 1973 (ノン・ノベル) 花を焼く部屋 平安書店 1974 大津恋坂物語 光風社書店 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カドウ シュウゾウ
人物別名 加堂秀三
生年 1940年
没年 2001年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
短篇ベストコレクション 日本文藝家協会 編 徳間書店
2017.6
短篇ベストコレクション 日本文藝家協会 編 徳間書店
2016.6
短篇ベストコレクション 日本文藝家協会 編 徳間書店
2015.6
短篇ベストコレクション 日本文藝家協会 編 徳間書店
2014.6
短篇ベストコレクション : 現代の小説 日本文藝家協会 編 徳間書店
2013.6
短篇ベストコレクション : 現代の小説 日本文藝家協会 編 徳間書店
2012.6
短篇ベストコレクション : 現代の小説 2011 日本文藝家協会 編 徳間書店
2011.6
短篇ベストコレクション : 現代の小説 2010 日本文藝家協会 編 徳間書店
2010.6
短篇ベストコレクション : 現代の小説 2009 日本文藝家協会 編 徳間書店
2009.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想