林 鶴一   (1873-1935)

林 鶴一(はやし つるいち、1873年(明治6年)6月13日 - 1935年(昭和10年)10月4日)は日本の数学者、数学史家。 京都帝国大学理工科大学の助教授、東北帝国大学理科大学の教授を勤めた。 [略歴] 徳島県生まれ。 旧制徳島中学校(現徳島県立城南高等学校)、第三高等学校を経て、1897年(明治30年)に東京帝国大学理科大学数学科を卒業。 東京帝国大学では高木貞治・吉江琢児と同期であり、藤沢利喜太郎による「藤澤セミナリー」に参加して、「e及びπの超越に就て」という課題の報告を提出した。 東京帝国大学卒業後に京都帝国大学理工科大学の助教授を務めたが、その職を辞し、松山中学校の教師や東京...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハヤシ ツルイチ
人物別名 林鶴一
生年 1873年
没年 1935年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「林鶴一文庫」を資料とする数学カリキュラムについての基礎的研究 研究代表者 板垣芳雄 宮城教育大学
板垣芳雄
2001.3
資料 林鶴一数学教育関係蔵書目録 研究代表者 板垣芳雄 宮城教育大学
板垣芳雄
2001.3
和算研究集録 林鶴一著 鳳文書館
1985.11
東北大学林集書 : 林鶴一蒐集 林鶴一著 ; [東北大学編] 東北大学
1964
微積分学の基礎 Camille Jordan 著 ; 林鶴一 訳 一歩社書店
昭和21
初等幾何学軌跡問題 林鶴一 著 大倉書店
昭和21
方程式 林鶴一, 国枝元治 共著 大倉書店
昭和21
方程式 林鶴一,國枝元治共著 大倉書店
1946.9-
微積分學ノ基礎 [ジョルダン原著] ; 林鶴一譯 一歩社
1946.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想