君島 八郎   (1876-1955)

君島 八郎(きみしま はちろう、1876年(明治9年)12月28日 - 1955年(昭和30年)10月14日)は、日本の土木工学者。 工学博士、九州帝国大学教授。 日本における道路研究の先駆者であり、その著書『君島大測量学』と『河海工学』は戦前土木名著100書に選ばれている。 [概要] 福島県若松町に生まれ、1895年(明治28年)会津中学を一回生として卒業する。 松江春次、森俊六郎、平石弁蔵らが同級生で、特選生として野口英世が通学しており、のちに留学先で再会している。 二高を経て、1901年(明治34年)東京帝国大学を卒業。 席次は19名中首席である。 大学院在学中に『道路学一斑』を著し、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キミシマ ハチロウ
人物別名 君島八郎
生年 1876年
没年 1955年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
君島測量学 君島八郎 著 丸善
1946 24版
河海工学 君島八郎 著 丸善
昭和19
渠工 君島八郎著 丸善
1944.3
河海工学 君島八郎 著 丸善
昭和16
河工 君島八郎著 丸善
1941.12
地表水 君島八郎著 丸善
1940.8
氣象 君島八郎著 丸善
1938.8
河海工学 - 丸善
昭11至12
河海工学 - 丸善
昭11至12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
海工. 上,下巻 君島 八郎
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想