上村 清延   (1879-1957)

上村清延(かみむら きよのぶ、1879年(明治12年)1月23日 - 1957年(昭和32年)11月1日)は、日本のドイツ文学者。 鹿児島県出身。 東京帝国大学独文科卒。 1943年「近代独逸文学と東洋」で九州帝国大学文学博士。 第七高等学校教授、第一高等学校教授、旧制浦和高等学校教授、日本大学教授。 1950年定年退任。 現代ドイツ文学を専攻。 東洋文学・思想のドイツ文学への影響を研究。 [著書] 『独逸語教科書』南江堂 1919-1920 『独逸文法教科書」南江堂書店 1920 『ゲーテ以後』白水社 1937 『ドイツ文学史概説』福村書店 1951 『ドイツ文学と東洋』郁文堂出版 195...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カミムラ キヨノブ
人物別名 上村清延
生年 1879年
没年 1957年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドイツ文学と東洋 上村清延 著 郁文堂
1951
ドイツ文学史概説 上村清延 著 福村書店
1951
村のロメオとユリア ケラー 著 ; 上村清延 訳註 郁文堂書店
1948
独逸文学史 ハンス・レール 著 ; 上村清延, 黒石源太郎 共訳 紀元社
1943
独逸文学史 ハンス・レール 著 ; 上村清延, 黒石源太郎 共訳 紀元社
昭和18
独逸文学史 ハンス・レール 著 ; 上村清延, 黒石源太郎 共訳 紀元社
昭和18
芸術について シュテファン・ゲオルゲ 著 ; 上村清延 訳 三笠書房
昭和18
血と名誉 アルフレート・ローゼンベルク 著 ; 上村清延, 浜中英田 訳 紀元社
昭和17
二十世紀の神話 : 現代の心霊的・精神的な価値争闘に対する一つの評価 アルフレット・ローゼンベルク 著 ; 吹田順助, 上村清延 共訳 中央公論社
1938
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想