岩崎 武雄   (1913-1976)

岩崎 武雄(いわさき たけお、1913年11月10日 - 1976年10月20日)は、哲学者、元東京大学文学部名誉教授。 東京出身。 東京帝国大学哲学科卒業、1956年、東京大学教授。 日本哲学会会長(1973年~1976年)。 専門は、ドイツ観念論。 1952年 東京大学 文学博士 論文の題は「カントとドイツ観念論 」。 [略歴] 1913(大正二)年 東京に生まれる 1936(昭和十一)年 東京帝国大学文学部哲学科卒業 旧成城高等学校校長を経て 1947(昭和二十二)年 東京大学文学部助教授 1952(昭和二十七)年 文学博士 1956(昭和三十一)年 東京大学文学部教授 1974(昭和...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イワサキ タケオ
人物別名 岩崎武雄
生年 1913年
没年 1976年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
カントからヘーゲルへ 岩崎武雄 著 東京大学出版会
2012.5
カント「純粋理性批判」の研究 岩崎武雄 著 勁草書房
2010.5
日本人について 京極純一[ほか]著 リブリオ
1997.4
カント 岩崎武雄 著 勁草書房
1996.10
西洋哲学史 岩崎武雄 著 日本点字図書館
1985.7
岩崎武雄著作集 岩崎武雄著 新地書房
1982.1
岩崎武雄著作集 岩崎武雄著 新地書房
1982.2
岩崎武雄著作集 岩崎武雄著 新地書房
1982.3
岩崎武雄著作集 岩崎武雄著 新地書房
1982.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想