内藤 湖南   (1866-1934)

秋田生まれ。歴史学者。県立秋田師範学校卒業。上京後、『日本人』、大阪朝日新聞等の編集・論説で活躍。一方で中国研究に関しても造詣を深める。明治40年(1907)から京都帝国大学史学科で東洋史を担当。42年(1909)教授。大正15年(1926)定年退官。帝国学士院会員。その研究は幅広い領域にわたり、時代区分論、古代史、清朝史等の中国史のみならず、日本史にも業績を残す。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「内藤湖南

「青空文庫」より

内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。 名は虎次郎。 字は炳卿(へいけい)。 湖南は号。 別号に黒頭尊者。 白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。 [生涯] 1866年 (慶応年間)陸奥国毛馬内村(けまないむら、現・秋田県鹿角市)にて、南部藩士・内藤調一(1832年 - 1908年。 号は十湾)と容子の次男として生まれる。 父・十湾は折衷学派に属していた。 13歳時で頼山陽『日本外史』を通読したという。 1884年(明治17年)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナイトウ コナン
人物別名 内藤湖南

黒頭尊者
生年 1866年
没年 1934年
職業・経歴等 学者
をも見よ 内藤, 虎(1866-1934)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
内藤湖南敦煌遺書調査記錄 内藤湖南 [著] ; 玄幸子, 高田時雄 編 関西大学東西学術研究所
2017.3
内藤湖南生誕一五〇年記念『内藤湖南・十湾書簡集』 : 鹿角市先人顕彰館調査資料 - 鹿角市教育委員会
2016.8
内藤湖南・十湾書簡集 内藤湖南・十湾 [著] 鹿角市教育委員会
2016.8
内藤湖南敦煌遺書調査記録 内藤湖南 [著] ; 玄幸子, 高田時雄 編著 関西大学東西学術研究所
2015.1
中国近世史 内藤湖南 著 岩波書店
2015.7
明治史論集 松島榮一編 筑摩書房
2013.1.25
支那論 内藤湖南 著 文芸春秋
2013.10
明治史論集 松島榮一編 筑摩書房
2013.1.25
先哲の学問 内藤湖南 著 筑摩書房
2012.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想