郭 沫若   (1892-1978)

郭 沫若(かく まつじゃく Guo Moruo)は中華民国、中華人民共和国の政治家、文学者、詩人、歴史家。 原名は郭開貞で、開貞は諱、沫若は号にあたる。 字は鼎堂。 中国の近代文学・歴史学の先駆者。 [経歴] 1914年に日本へ留学し、第一高等学校予科で日本語を学んだ後、岡山の第六高等学校を経て、九州帝国大学医学部を卒業。 在学時から文学活動に励み、1921年に文学団体「創造社」の設立に参加する。 この設立の仲間に、郁達夫や成仿吾、張資平、鄭伯奇などがいる。 その後、国民党に参加、北伐軍の総政治部主任となるが、蒋介石と対立し南昌蜂起に参加、直後に中国共産党に加入。 蒋介石に追われ、1928年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カク マツジャク
人物別名 郭沫若

Kuo, Mo-jo

Guo, Mo-ruo

Guo, Moruo

Go, Mozho

Go, Mo-zho

Го, Мо-жо

Go, Mo-jo

Kaku Matsu Jaku

Kaku Matsujaku

郭, 鼎堂

郭, 開貞

尚武

Kuo, R. M.

Kuo, Ting-Tʿang

곽, 말약

Kwak, Malyak

Gŭo, Moĵŭo

guo, ding tang

guo, kai zhen

xiang, wu
生年 1892年
没年 1978年
職業・経歴等 政治家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
林謙三『隋唐燕楽調研究』とその周辺 林謙三 [原著] ; 長谷部剛, 山寺三知 共編訳 関西大学出版部
2017.3
日中の120年文芸・評論作品選 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店
2016.3
日中の120年文芸・評論作品選 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店
2016.6
中国現代文学珠玉選 - 二玄社
2000.3-
蘭亭序論争訳注 谷口鉄雄, 佐々木猛 編訳 中央公論美術
1993.2
歴史人物 [郭沫若著] ; 牧田英二訳 雄渾社
1983.2
屈原 郭沫若作 ; 須田禎一訳 ; 河原崎長十郎演出 河原崎長十郎
[1972]
屈原 ; 虎符 郭沫若著 ; 須田禎一訳 講談社
1972
棠棣の花 ; 筑 郭沫若著 ; 須田禎一訳 講談社
1972
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想