江島 其磧   (1666-1735)

江島 其磧(えじま きせき、寛文6年(1666年) - 享保20年6月1日(1735年7月20日))は、浮世草子作者。 京の大仏餅屋村瀬正孝の子で名は権之丞、通称庄左衛門。 元禄期には浄瑠璃を書いていたが、役者評判記、そして元禄14年(1701年)から浮世草子を書き始めた。 宝永期まで、板元の八文字屋自笑の代作者だったが、1710年頃から不和となり、享保3年(1718年)に和解したのち、江島其磧の名で執筆を始める。 70以上の浮世草子を書き、最も売れた浮世草子作者であった。 三味線物や気質物の分野を作った。 自笑の作品とあわせて「八文字屋本」と呼ばれる。 [主な著書] 役者口三味線(1699...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エジマ キセキ
人物別名 江島其磧

Ejima, Kiseki

Ezima, Kiseki

江嶋, 其磧

江島屋, 其磧
生年 1666年
没年 1735年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
伽婢子 ; 好色万金丹 ; 世間子息気質 ; 西山物語 ; 雨月物語 ; 春雨物語 ; 昔話稲妻表紙 ; 浅間嶽面影草紙 浅井了意 [著] ; 富士正晴訳 ; 夜食時分 [著] ; いいだ・もも訳 ; 江島其磧 [著] ; 和田芳恵訳 ; 建部綾足 [著] ; 中村真一郎訳 ; 上田秋成 [著] ; 円地文子訳 ; 山東京伝 [著] ; 寺山修司訳 ; 柳亭種彦 [著] ; 杉森久英訳 河出書房新社
1979.5
伽婢子 ; 好色万金丹 ; 世間子息気質 ; 西山物語 ; 雨月物語 ; 春雨物語 ; 昔話稲妻表紙 ; 浅間嶽面影草紙 浅井了意[著] ; 富士正晴訳 ; 夜食時分[著] ; いいだもも訳 ; 江島其[著] ; 和田芳恵訳 ; 建部綾足[著] ; 中村真一郎訳 ; 上田秋成[著] ; 円地文子訳 ; 山東京伝[著] ; 寺山修司訳 ; 柳亭種彦[著] ; 杉森久英訳 河出書房新社
1974
日本古典文学大系 野間光辰校注 岩波書店
1966
江戸名作集 円地文子[ほか]訳 河出書房新社
1964.11
雨月物語 ; 春雨物語 ; 世間子息気質 ; 東海道中膝栗毛 ; 浮世床 - 河出書房新社
1961.6
風流連理𢢫 [江島]其磧[著] 米山堂
1937.9-1938.1
八文字舎本五種 塚本哲三 校 有朋堂書店
昭2
其磧佳作集 幸田露伴校訂 日本文藝叢書刊行会
1927.2
兼好法師一代記 : 江戸時代艶文學 自笑著 ; 其磧著 豊文社
1916.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想