片岡 鉄兵   (1894-1944)

Wikipedia「片岡鉄兵

「青空文庫」より

片岡 鉄兵(かたおか てっぺい、1894年(明治27年)2月2日 - 1944年(昭和19年)12月25日)は、大正・昭和前期の小説家。 「鉄平」と表記されることもある。 [生涯] 現在の岡山県苫田郡鏡野町に生まれる。 津山中学を卒業後、上京し、慶應義塾大学仏文科に進学したが、出席日数が不足したため中退、一時帰郷。 様々な職を転々としながら小説を書き始め、各雑誌・出版社に投稿を行う。 1921年『舌』などを書いて文壇に出る。 山陽新報、大阪朝日新聞社、大阪時事新報の記者を務める。 1924年(大正13年)、横光利一や川端康成らと文学雑誌「文芸時代」を創刊し、創作活動のみならず評論活動や翻訳活...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタオカ テッペイ
人物別名 片岡鉄兵

片岡, 鐵兵

Kataoka, Teppei

가타오카, 뎃페이
生年 1894年
没年 1944年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
『少年倶楽部』熱血・痛快・時代短篇選 講談社文芸文庫 編 講談社
2015.1
『少年倶楽部』短篇選 講談社文芸文庫 編 講談社
2013.11
コレクション・モダン都市文化 和田博文 監修 ゆまに書房
2011.9
片岡鉄兵書誌と作品 瀬沼壽雄 編 京王商事
京王書林
2000.11
農村青年報告 片岡鉄兵,川端康成,上田進監修 ; 信濃毎日学芸部編 郷土出版社
2000.7
風の女王 佐々木康監督 ; 片岡鉄兵原作 ; 野田高梧脚色 松竹ビデオ事業部
[199-]
新感覺派文學集 : 附新感覺派評論集 十一谷義三郎 [ほか] 著 講談社
1980.5
戀愛術 ; 四季の遊覧案内と小説よみもの ; 色情犯罪性慾の神秘 ; べっぷ情緒 ; 獵奇の妖婦お定の半生 ; 第二の更年期 ; 婦人の冷感症 澤田順次郎 [著] ; 江東蛙人 [著] ; 瀬川俊郎 [著] ; 片岡鐵兵 [著] Library of Congress Photoduplication Service
1977
エリザベスとエセックス ; ディズレーリの生涯 ; ジョゼフ・フーシェ L. ストレチー著 ; 片岡鉄兵訳 ; A. モロワ著 ; 安東次男訳 ; S. ツヴァイク著 ; 山下肇訳 平凡社
1974.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想