岩崎 昶   (1903-1981)

岩崎 昶(いわさき あきら、1903年11月18日 - 1981年9月16日)は映画評論家で映画製作者。 啓蒙的批評家の一人であり左翼陣営の戦闘的映画人と目される。 スポーツマンで良き家庭人であったという。 [来歴・人物] 東京生まれ。 東京府立一中などを経て、東京帝国大学独文科在学当時よりシナリオや独映画の評論を書いている。 後の東宝社長である森岩雄は、この早熟の青年を気に入り日活の企画会議「金曜会」の助手として傍においていた。 1927年に大学を卒業すると洋画の輸入会社、田口商店に勤めるが、そこで独の大手製作会社ウーファの代理人であった川喜多長政と邂逅する。 戦後、映画文化最大の保護者と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イワサキ アキラ
人物別名 岩崎昶
生年 1903年
没年 1981年
職業・経歴等 映画評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文化社会学基本文献集 吉見俊哉 監修 日本図書センター
2011.6
日本映画論言説大系 牧野守 監修 ゆまに書房
2004.6
映画は救えるか : 岩崎昶遺稿集 岩崎昶 著 ; 岩崎昶遺稿集刊行委員会 編 作品社
2003.3
ヒトラーと映画 岩崎昶 著 デジタルパブリッシングサービス
朝日新聞社
2003.6
根岸寛一 : 伝記・根岸寛一 岩崎昶 編 大空社
1998.6
唯物論全書 : Ⅲ芸術・生活・運動 芝田進午 ほか編 久山社
1991.5
新芸術論システム 岩崎昶 [ほか] 著 ゆまに書房
1991.9
映画の前説 岩崎昶 著 合同
1981.10
映画が若かったとき : 明治・大正・昭和三代の記憶 岩崎昶 著 平凡社
1980.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想