倉田 白羊   (1881-1938)

倉田白羊(くらた はくよう、1881年(明治14年)12月25日 - 1938年(昭和13年)11月29日)は日本の洋画家。 自然をモデルにした作品を多く発表した。 山本鼎の提唱した農民美術運動の協力者でもある。 本名は重吉(しげよし)。 [経歴] 埼玉県浦和(現・さいたま市)出身。 父の倉田努は漢学者。 1894年(明治27年)、洋画家・浅井忠の門下生となる。 これは、浅井に師事し将来を嘱望されていたが23歳で早世した兄・倉田弟次郎の遺志を継ぐためであった。 この頃、同じく浅井の門下生だった石井柏亭と親しくなる。 1896年(明治29年)、師・浅井が東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クラタ ハクヨウ
人物別名 倉田白羊

倉田, 重吉
生年 1881年
没年 1938年
職業・経歴等 画家
をも見よ 半人忘斎(1881-1938)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
倉田白羊展 倉田白羊 画 埼玉県立近代美術館
2004
倉田白羊展 : 第26回企画展 倉田白羊 画 ; 八十二文化財団 編 八十二文化財団
2000
孝子画噺 内海月杖著 ; 倉田白羊画 ほるぷ
1978.3
春陽会50年の歩み展 春陽会, 東京セントラル美術館 編 東京セントラル美術館
1973
倉田白羊展 - 信濃美術館
1968.7
美育談片 倉田白羊 著 長野県上田小県教育部会巳組支会
昭和12
雑草園 : 倉田白羊随筆 倉田白羊 著 竹村書房
昭和9
雑草園 倉田白羊著 竹村書房
1934.4
印度童話集 高倉輝 著 ; 倉田白羊 絵 アルス
昭和4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想