岩村 忍   (1905-1988)

岩村 忍(いわむら しのぶ、1905年9月26日〜1988年6月1日)は、日本の東洋史学者。 専攻は内陸ユーラシア史・東西交渉史。 戦後日本におけるシルクロード学の開拓者として知られる。 [略歴] 北海道小樽市出身。 旧制小樽中学(現・北海道小樽潮陵高等学校)卒業後渡米し1929年、オタワ大学社会学科卒。 1931年に新聞連合社(現・共同通信社)に就職、1932年にはトロント大学大学院修了。 満州事変後のリットン調査団に随行して中国各地を回り、国際連盟のジュネーヴ本部などに勤務した。 戦時期には東方社の理事に就任したほか、1942年から1945年にかけて文部省民族研究所で在外研究(後出)、敗...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イワムラ シノブ
人物別名 岩村忍
生年 1905年
没年 1988年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
お道の人のとっておきの話 : 『陽気』創刊60年記念企画 『陽気』編集部 編 養徳社
2009.7
文明の十字路=中央アジアの歴史 岩村忍 著 講談社
2007.2
南方熊楠文集 南方熊楠 [著] ; 岩村忍 編 平凡社
2006.11
暗殺者教国 : イスラム異端派の歴史 岩村忍 著 筑摩書房
2001.7
支那言語学概論 Bernhard Karlgren 著 ; 岩村忍, 魚返善雄 訳 ゆまに書房
1999.3
十三世紀東西交渉史序説 岩村忍 著 大空社
1997.9
アフガニスタン紀行 岩村忍 著 朝日新聞社
1992.12
西アジアとインドの文明 岩村忍 著 講談社
1991.1
世界の歴史 岩村 忍;勝藤 猛;近藤 治【著】 河出書房新社
1990.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想