青木 省三   (1952-)

青木省三(あおき しょうぞう、1952年 - )は、日本の精神科医、川崎医科大学教授。 広島市生まれ。 1977年岡山大学医学部卒業。 90年「青年期におけるヒステリー性神経症の臨床的研究」で岡山大医学博士。 岡山大学医学部神経精神医学教室助教授、97年川崎医科大学精神科学教室教授。 専門は、青年期精神医学と精神療法。 [著書] 『思春期こころのいる場所 精神科外来から見えるもの』岩波書店 1996 『思春期の心の臨床 面接の基本とすすめ方』金剛出版 2001 『僕のこころを病名で呼ばないで 思春期外来から見えるもの』岩波書店 2005 のちちくま文庫 『精神科臨床ノート』日本評論社 20...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アオキ ショウゾウ
人物別名 青木省三
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 精神科医

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
子どものこころと脳 : 発達のつまずきを支援する 青木省三, 福田正人編 日本評論社
2022.3
「特別企画」貧困と孤立の臨床 : "つながり"の支援を考える 滝川一廣, 青木省三, 田中究編 日本評論社
2022.7
大人のトラウマを診るということ : こころの病の背景にある傷みに気づく 青木省三, 村上伸治, 鷲田健二編集 医学書院
2021.2
ぼくらの中の「トラウマ」 : いたみを癒すということ 青木省三著 筑摩書房
2020.1
思春期の心の臨床 : 日常診療における精神療法 青木省三著 金剛
2020.11
発達障害の精神病理 内海健, 清水光恵, 鈴木國文編 星和書店
2020.2
精神療法の饗宴 : Japan Psychotherapy Weekへの招待 井上和臣編著 誠信書房
2019.7
精神科臨床を学ぶ : 症例集 青木 省三【編著】 日本評論社
2018.3.10
こころの病を診るということ 青木省三 著 医学書院
2017.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想