大里 俊晴   (1958-2009)

大里 俊晴(おおさと としはる、1958年2月5日 - 2009年11月17日)は日本の現代音楽研究者、横浜国立大学教育人間科学部教授。 新潟県出身。 早稲田大学文学部でフランス文学を学ぶ。 同時にロックバンド「ガセネタ」、「タコ」などで山崎春美らとともに演奏活動を行う。 大学卒業後、パリ第8大学芸術研究科修士課程、研究課程に学び、ダニエル・シャルルに師事する。 留学から帰国した1990年代以降、『ユリイカ』などを舞台に現代音楽を主な対象とした評論活動を展開する。 また、自らノイズ系のパフォーマンスを行うとともに、リュク・フェラーリなどフランスの前衛的な音楽家を積極的に日本に紹介した。 199...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオサト トシハル
人物別名 大里俊晴
生年 1958年
没年 2009年
職業・経歴等 ミュージシャン

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
パリ・フランスを知るための44章 梅本洋一, 大里俊晴, 木下長宏 編著 明石書店
2012.5
ガセネタの荒野 大里俊晴 著 月曜社
2011.7
マイナー音楽のために : 大里俊晴著作集 大里俊晴 著 月曜社
2010.11
戦争と芸術論 研究代表者 大里俊晴 横浜国立大学教育人間科学部
2007.2
音の百科事典 音の百科事典編集委員会 編 丸善
2006.1
現代フランスを知るための36章 梅本洋一, 大里俊晴, 木下長宏 編 明石書店
2000.4
ガセネタの荒野 大里俊晴 著 洋泉社
1992.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想