杉山 萠円   (1889-1936)

夢野久作の、別ペンネーム。本名・杉山泰道。右翼の大物・杉山茂丸の子として生まれ、はじめ農園経営に従事。僧侶、新聞記者などを経て、作家に。死の前年に書かれた大作『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇味と幻想性の色濃い作風で日本文学にユニークな地歩を占める。Wikipedia「夢野久作

「青空文庫」より

この人物の情報

人物名ヨミ スギヤマ ホウエン
人物別名 杉山萠円

杉山, 泰道
生年 1889年
没年 1936年
をも見よ 夢野, 久作(1889-1936)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
白髪小僧 杉山萠円 著 葦書房
1992.1
梅津只円翁伝 杉山萠円 編 春秋社
昭和10
外人の見たる日本及日本青年 杉山萠円 著 菊池書院
大正7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想