笠原 十九司   (1944-)

笠原 十九司(かさはら とくし、1944年 - )は、日本の歴史学者。 都留文科大学名誉教授。 専門は中国近現代史。 [人物・経歴] 群馬県生まれ。 群馬県立前橋高等学校、東京教育大学文学部卒業。 同大学院修士課程中退。 宇都宮大学教育学部教授、都留文科大学教授を経て、1999年より南京師範大学南京大虐殺研究センター客員教授、2000年より南開大学歴史学部の客員教授を務める。 2009年の東京大学学術博士論文は「第一次世界大戦期の中国民族運動と東アジア国際関係」。 日中戦争初期に起きたとされる南京大虐殺研究者の1人。 南京大虐殺紀念館の虐殺犠牲者を三十万人以上とする見解は根拠がなく過大に見積...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カサハラ トクシ
人物別名 笠原十九司
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
通州事件 : 憎しみの連鎖を絶つ 笠原十九司著 高文研
2022.9
中国戦線、ある日本人兵士の日記 : 1937年8月-1939年8月侵略と加害の日常 小林太郎著 ; 笠原十九司, 吉田裕編・解説 新日本出版社
2021.2
草 : 日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリー キム・ジェンドリ・グムスク著 ; 都築寿美枝, 李昤京訳 ころから
2020.2
憲法九条と幣原喜重郎 : 日本国憲法の原点の解明 笠原十九司著 大月書店
2020.4
日中戦争全史 笠原十九司 著 高文研
2017.7
日中戦争全史 笠原十九司 著 高文研
2017.7
近現代東アジアと日本 土田哲夫 編 中央大学出版部
2016.11
研究と教育の記録 [笠原十九司著] 笠原十九司
2015.3
海軍の日中戦争 笠原十九司 著 平凡社
2015.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想