恒吉 僚子   (1961-)

恒吉 僚子(つねよし りょうこ、1961年 - )は日本の教育社会学者。 専門は、教育社会学、比較社会学、比較教育学。 東京大学大学院教育学研究科教授(比較教育社会学コース)。 米国ボルティモア生まれ。 父は発生生物学者の加藤淑裕(よしひろ、1924-1988、三菱化成生命研究所)、母はフランス文学者、評論家の加藤恭子。 1984年一橋大学社会学部卒業。 1990年プリンストン大学大学院社会学研究科博士課程修了、社会学博士(Ph.D.)。 1991年文京女子大学経営学部専任講師・助教授 、1996年東京大学大学院総合文化研究科助教授、2000年東京大学教育学研究科助教授、2007年准教授、20...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツネヨシ リョウコ
人物別名 恒吉僚子
生年 1961年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
岩波講座教育変革への展望 佐藤学, 秋田喜代美, 志水宏吉, 小玉重夫, 北村友人 編集委員 岩波書店
2016.10
基礎学力を問う : 21世紀日本の教育への展望 東京大学学校教育高度化センター 編 東京大学出版会
2009.6
子どもたちの三つの「危機」 : 国際比較から見る日本の模索 恒吉僚子 著 勁草書房
2008.8
日本語教育のグローバル・スタンダードの構築に向けて 研究代表者 近藤安月子 近藤安月子
2008.4
グローバリゼイション [植田和男ほか著] 東京大学綜合研究会
[2005]
日本の教育と基礎学力 : 危機の構図と改革への展望 21世紀COEプログラム東京大学大学院教育学研究科基礎学力研究開発センター 編 明石書店
2006.2
国際戦略としての教授用語の英語化 : 短期留学プログラムの多国間比較研究 研究代表者 恒吉僚子 恒吉僚子
2006
太平洋世界の文化とアメリカ : 多文化主義・土着・ジェンダー 瀧田佳子 編 彩流社
2005.2
太平洋世界の国際関係 五十嵐武士 編 彩流社
2005.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想