後藤 春彦   (1957-)

後藤春彦(ごとう はるひこ、1957年 - )は、日本の都市計画家。 建築家。 早稲田大学理工学術院教授。 工学博士。 富山県出身。 主な現職:早稲田大学参与。 総務省地域の元気創造有識者会議・委員。 内閣府地方分権改革有識者会議・議員、同会議地域交通部会・部会長。 専門分野: 都市計画、景観設計、地域デザイン、公共空間計画・設計。 特に、都市設計と地域計画の両面から都市・地域景観に関する研究に従事している。 さらに、公共空間のデザイン、各自治体の総合計画やマスタープランの策定、住民参加によるコミュニティ計画の策定など、実践的な研究を多数手がけている。 早稲田大学の伝統的な考現学や発見的方法と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ゴトウ ハルヒコ
人物別名 後藤春彦
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
無形学へ 後藤春彦 編著 水曜社
2017.4
人口減少時代の地域づくり読本 大森彌, 武藤博己, 後藤春彦, 大杉覚, 沼尾波子, 図司直也 共著 公職研
2015.5
メイキング・ベター・プレイス パッツィ・ヒーリー 著 ; 後藤春彦 監訳 ; 村上佳代 訳 鹿島出版会
2015.9
医学を基礎とするまちづくり = Medicine-Based Town 細井裕司, 後藤春彦 編著 水曜社
2014.1
新たな景観概念の拡大と景観価値の創造 : 調査研究報告書 後藤春彦 著 ; 都市のしくみとくらし研究所 編 都市のしくみとくらし研究所
2011.9
生活景 : 身近な景観価値の発見とまちづくり 日本建築学会 編 学芸出版社
2009.3
高流動性社会を背景とした農村への人口流入と新たな「場所性」の構築プロセスに関する研究 後藤春彦, 村上佳代, ローズ・ギルロイ, ジェーン・アタートン 著 ; 地域社会研究所 編 地域社会研究所
2009.9
実践まちづくり読本 : 自立の心・協働の仕掛け 大森彌, 山下茂, 後藤春彦, 小田切徳美, 内海麻利, 大杉覚 共著 公職研
2008.3
景観まちづくり論 後藤春彦 著 学芸出版社
2007.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想