金子 遊   (1974-)

金子 遊(かねこ ゆう、男性、1974年 - )は、映像作家、批評家。 [来歴・人物] 父は脚本家の金子裕。 慶應義塾大学環境情報学部卒業。 同大学在学中に制作した16ミリ映画『わが埋葬』で、メディアウェイブ・フェスティバル(ハンガリー)に正式出品。 2008年に『ぬばたまの宇宙の闇に』で奈良前衛映画祭グランプリ受賞、翌2009年に「批評の奪還 松田政男論」にて映画芸術評論賞・佳作を受賞。 2010年にドキュメンタリー映画『ベオグラード1999』を東京と大阪で劇場公開。 2011年に編著『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』を刊行。 「弧状の島々 ソクーロフとネフスキー」で三田文学新人賞...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネコ ユウ
人物別名 金子遊
生年 1974年
没年 -
職業・経歴等 映画監督

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
マクロネシア紀行 : 「縄文」世界をめぐる旅 金子遊著 アーツアンドクラフツ
2022.4
光学のエスノグラフィ : フィールドワーク/映画批評 金子遊著 森話社
2021.6
アニエス・ヴァルダ : 愛と記憶のシネアスト 金子遊, 若林良, 吉田悠樹彦編 neoneo編集室
2021.8
ワールドシネマ入門 : 世界の映画監督14人が語る創作の秘密とテーマの探求 金子遊著 ; 住本尚子イラスト コトニ社
2020.4
ジョナス・メカス論集 : 映像詩人の全貌 若林良, 吉田悠樹彦, 金子遊編 neoneo編集室
2020.11
暴力と輝き アルフォンソ・リンギス著 ; 水野友美子, 金子遊, 小林耕二訳 水声社
2019.5
ジャン・ルーシュ : 映像人類学の越境者 千葉文夫, 金子遊編 森話社
2019.10
映画で旅するイスラーム : 知られざる世界へ 藤本 高之;金子 遊【編】 論創社
2018.3.20
混血列島論 : ポスト民俗学の試み 金子遊著 フィルムアート社
2018.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想