伊藤 栄樹   (1925-1988)

伊藤 栄樹(いとう しげき、1925年2月3日 - 1988年5月25日)は、愛知県出身の日本の検事総長・東京高検検事長・法務事務次官。 「ミスター検察」と呼ばれた。 名前の「栄」の正しい表記は旧字体の「榮」。 没後、従三位を贈られた。 [人物] 検察畑を渡り歩き続け、1985年に検事総長に就任。 就任時のインタビューで「特捜検察の使命は巨悪退治です。 私たちが『巨悪』と闘う武器は法律です。 検察官は『遠山の金さん』のような素朴な正義感をもち続けなければなりません」と語る。 検事達に「巨悪を眠らせるな、被害者と共に泣け、国民に嘘をつくな」と訓示。 検事総長在職当時、雑誌『時の法令』(1986...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イトウ シゲキ
人物別名 伊藤栄樹
生年 1925年
没年 1988年
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
巨悪は眠らせない : 検事総長の回想 伊藤栄樹著 朝日新聞
2020.7
軽犯罪法 伊藤榮樹 原著 立花書房
2013.9
注釈刑事訴訟法 伊藤栄樹 ほか著 立花書房
2000.8
人は死ねばゴミになる 伊藤栄樹 著 小学館
1998.6
注釈刑事訴訟法 伊藤栄樹 ほか著 立花書房
1998.2
注釈刑事訴訟法 伊藤栄樹 ほか著 立花書房
1998.7
注釈刑事訴訟法 伊藤栄樹 ほか著 立花書房
1997.10
注釈刑事訴訟法 伊藤栄樹 ほか著 立花書房
1997.6
証拠収集の実際 : 証拠の集め方・考え方 法務省刑事局法令研究会 編著 ; 伊藤榮樹 原著 東京法令
1997.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想