伊庭 秀業   (1810-1858)

伊庭 秀業(いば ひでなり、文化7年(1810年) - 安政5年8月13日(1858年9月19日))は、江戸時代末期(幕末)の剣客。 本姓は三橋銅四郎。 通称は軍兵衛。 号は常同子。 [生涯] 文化7年(1810年)、 誕生。 心形刀流7代・伊庭秀淵の養子となり、8代目を継いで中興の祖といわれた。 江戸幕府老中・水野忠邦の推挙で御書院番士となったが、忠邦の失脚とともに辞職。 以後は江戸下谷の道場「練武館」の経営に精を出し、「幕末江戸四大道場」と並び称された。 子に伊庭八郎、伊庭想太郎がいる。 門人に坪内主馬など。 安政5年(1858年)、死去。 ひてなり 江戸幕府幕臣 心形刀流剣術 剣客 幕...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イバ ヒデナリ
人物別名 伊庭軍兵衛

伊庭秀業
生年 1810年
没年 1858年
職業・経歴等 剣客
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想