水林 彪   (1947-)

水林 彪(みずばやし たけし、1947年12月11日 - )は、日本の法学者。 東京都立大学名誉教授、早稲田大学特任教授。 専門は日本法制史。 2004年から法制史学会代表理事。 第19期日本学術会議会員。 第20期日本学術会議連携会員。 日本法社会学会理事。 民主主義科学者協会法律部会理事。 比較家族史学会、日本史研究会会員。 最近の論文「近代民法の本源的性格ー全法体系の根本法としてのCode civilー」(『民法研究』第5号、2008年)、「近代憲法の本源的性格----société civileの基本法としての1789年人権宣言・1791年憲法--」(戒能通厚・楜澤能生編『企業・市場・...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミズバヤシ タケシ
人物別名 水林彪
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
市民社会と市民法 : civilの思想と制度 水林彪, 吉田克己編 日本評論社
2018.5
市民社会と市民法 : civilの思想と制度 水林彪, 吉田克己編 日本評論社
2018.5
法と国制の比較史 : 西欧・東アジア・日本 水林彪, 青木人志, 松園潤一朗編 日本評論社
2018.5
日本の法 緒方桂子, 豊島明子, 長谷河亜希子 編 日本評論社
2017.4
思想としての〈共和国〉 レジス・ドゥブレ, 樋口陽一, 三浦信孝, 水林章, 水林彪 [著] みすず書房
2016.6
マックス・ヴェーバー研究の現在 宇都宮京子, 小林純, 中野敏男, 水林彪 編 創文社
2016.11
国制と法の歴史理論 : 比較文明史の歴史像 水林彪 著 創文社
2010.3
比較歴史社会学へのいざない : マックス・ヴェーバーを知の交流点として 小路田泰直 著者代表 勁草書房
2009.8
東アジア法研究の現状と将来 : 伝統的法文化と近代法の継受 水林彪 編著 国際書院
2009.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想