浜本 隆志   (1944-)

浜本 隆志(はまもと たかし、1944年 - )は、日本のドイツ文学者。 香川県生まれ。 専門はドイツ文化論、比較文化論。 関西大学文学部(二部入学、一部3年編入)卒業。 1972年大学院文学研究科修士課程修了。 関西医科大学専任講師を経て、関西大学助教授、ワイマル古典文学研究所およびジーゲン大学に留学。 博士(文学)。 関西大学文学部長、現在、関西大学文学部教授。 ドイツ文化に関する著書多数。 [主要著作] 『ドイツ・ジャコバン派―消された革命史』(平凡社、1991年) 『鍵穴から見たヨーロッパ―個人主義を支えた技術』(中公新書、1996年) 『ねむり姫の謎―糸つむぎ部屋の性愛史』(講談社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハマモト タカシ
人物別名 浜本隆志
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
図説ヨーロッパの装飾文様 浜本隆志著 河出書房新社
2022.7
決闘のヨーロッパ史 浜本隆志, 菅野瑞治也著 河出書房新社
2021.9
現代ドイツを知るための67章 浜本隆志, 高橋憲編著 明石書店
2020.2
ポスト・コロナの文明論 : 感染症の歴史と近未来の社会 浜本隆志著 明石書店
2020.10
世界のシンデレラ : かわたまさなおコレクション 川田雅直著 PHPエディターズ・グループ
PHP研究所
2019.6
図説ヨーロッパの紋章 浜本隆志著 河出書房新社
2019.10
シンデレラの謎 浜本隆志 著 河出書房新社
2017.6
ナチスと隕石仏像 浜本隆志 著 集英社
2017.7
関西大学と大正ロマンの世界 浜本隆志 著 関西大学出版部
2017.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想