清水 紫琴   (1868-1933)

Wikipedia「清水紫琴

「青空文庫」より

清水 紫琴(しみず しきん、1868年1月〈慶応3年12月〉下旬 - 1933年7月31日)は、明治期の女性作家。 出生届出は1868年1月。 岡山県生まれ、本名は清水豊子、筆名はつゆ子。 京都府立第一高等女学校卒。 女権運動に活躍し、植木枝盛らと交わる。 『女学雑誌』記者となり、1891年(明治24年)、「こわれ指環」で文壇に登場。 1892年、化学者の古在由直と結婚し、古在紫琴の名で女性作家として活躍したが、1901年(明治34年)、「夏子の物思ひ」以後、筆を絶つ。 夫から執筆を禁じられたと言われている。 代表作に、「したゆく水」(1898年)、「移民学園」(1899年)などがある。 次男...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シミズ シキン
人物別名 清水紫琴

Shimizu, Shikin
生年 1868年
没年 1933年
職業・経歴等 小説家

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想