宝谷 紘一   (1940-)

宝谷 紘一(ほうたに ひろかず、1940年8月15日 - )は、日本の生物物理学者。 名古屋大学名誉教授。 朝倉昌、大沢文夫の門下生。 理学博士。 バイオ系超分子・ソフトナノマシンの日本のリーダーの1人。 [概要] 名古屋大学の理学研究科・分子生物学専攻の大学院生の時から、朝倉昌、大沢文夫のもとで、細菌の鞭毛タンパク質であるフラジェリンのインビトロでの重合・脱重合を生物物理学的に研究した。 この研究を30代前半までつづけ、いくつかの論文を発表していた。 細菌の遊泳運動は光学顕微鏡で観察できるが、運動器官である鞭毛は細いために光学顕微鏡では観察できない。 乾燥して電子顕微鏡で観察するしかなかっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホウタニ ヒロカズ
人物別名 宝谷紘一
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
リポソーム応用の新展開 : 人工細胞の開発に向けて 秋吉一成, 辻井薫 監修 ; 奥直人, 久保井亮一, 宝谷紘一 編 エヌ・ティー・エス
2005.6
細胞のかたちと運動 宝谷紘一, 神谷律 編 共立
2000.8
生体とエネルギーの物理 : 生命力のみなもと 日本物理学会 編 裳華房
2000.11
生物物理学 猪飼篤, 宝谷紘一 編 丸善
1998.8
限界を超える生物顕微鏡 : 見えないものを見る 宝谷紘一, 木下一彦 編 学会出版センター
1991.6
マイクロマシン : 賢く働く微小機械 宝谷紘一, 江刺正喜 著 読売新聞社
1991.12
膜小胞の新奇なトポロジー変換の分子機構解明とその応用としての細胞モデル構築 宝谷紘一[ほか著] 者不明
2004.3
リポソーム中での細胞骨格形成による運動性モデル細胞の構築 宝谷紘一 [ほか著] 者不明
2000.3
人工膜小胞中での細胞骨格形成によるモデル細胞の構築 宝谷紘一[ほか著] 者不明
1995.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想