伊谷 純一郎   (1926-2001)

伊谷 純一郎 (いたに じゅんいちろう、1926年5月9日 - 2001年8月19日)は、日本の生態学者、人類学者、霊長類学者。 京都大学名誉教授。 理学博士(京都大学、1962年)。 今西錦司の跡を継ぎ、日本の霊長類研究を世界最高水準のものとした。 鳥取県鳥取市生まれ。 [人物] 当初は大分県高崎山のニホンザルの生態研究を行い、著作『高崎山のサル』(1954年)で毎日出版文化賞を受賞した。 その後、1950年代末からアフリカにおいてチンパンジーやゴリラの生態を追い続け、これら霊長類の世界に大きな社会構造が存在することを世界に先駆けて解明した。 その過程にて、世界ではじめて野生のサルの餌づけ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イタニ ジュンイチロウ
人物別名 伊谷純一郎
生年 1926年
没年 2001年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人類学講座 人類学講座編纂委員会 編 雄山閣
2017.7
人類発祥の地を求めて 伊谷純一郎 著 ; 伊谷原一 編 岩波書店
2014.7
高崎山のサル 伊谷純一郎 著 講談社
2010.1
アフリカを知る事典 小田英郎, 川田順造, 伊谷純一郎, 田中二郎, 米山俊直 監修 平凡社
2010.11
伊谷純一郎著作集 伊谷純一郎 著 ; 太田至, 澤近十九一, 寺嶋秀明, 山極寿一 編 平凡社
2009.4
伊谷純一郎著作集 伊谷純一郎 著 ; 太田至, 澤近十九一, 寺嶋秀明, 山極寿一 編 平凡社
2009.8
月虹 : 伊谷純一郎句集 伊谷純一郎著 ; 『伊谷純一郎著作集』編集委員会編 『伊谷純一郎著作集』編集委員会
2009.8
伊谷純一郎著作集 伊谷純一郎 著 ; 太田至, 澤近十九一, 寺嶋秀明, 山極寿一 編 平凡社
2008.3
伊谷純一郎著作集 伊谷純一郎 著 ; 太田至, 澤近十九一, 寺嶋秀明, 山極寿一 編 平凡社
2008.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想