板橋 倫行   (1902-)

板橋 倫行(いたばし ともゆき、1902年 - 1961年)は、国文学者、評論家。 東京銀座生まれ。 新潟高等学校 (旧制)を経て、1926年東京帝国大学文学部東洋史学科卒。 早稲田大学講師を務めた。 芸文同人誌『双魚』主宰。 小川晴暘、會津八一、安藤更生と交遊があった。 多くの論文を発表するが不遇のうちに1957年から病臥、58歳で死去した。 1978年評論集の刊行が始まったが第一巻でとだえた。 [著書] 『万葉集の詩と真実』淡路書房新社 淡路全書 1961 『板橋倫行評論集 第1巻 大仏造営から仏足石歌まで 万葉論集』せりか書房 1978 [著書] 『象 少年少女のために』李家正文共著...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イタバシ トモユキ
人物別名 板橋倫行
生年 1902年
没年 -
職業・経歴等 日本文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大仏造営から仏足石歌まで : 万葉論集 板橋倫行 著 せりか書房
1978.7
今鏡 板橋倫行 校註 朝日新聞社
1970
万葉集の詩と真実 板橋倫行 著 淡路書房新社
1961
日本霊異記 景戒 著 ; 板橋倫行 校註 角川書店
1957
今鏡 板橋倫行 校註 朝日新聞社
1950
象 : 少年少女のために 板橋倫行, 李家正文 共著 目黑出版社
1949.9.15
史学論文集 : 浮田和民博士記念 早稲田大学史学会 編 六甲書房
1943
婚姻・家族及び親族の諸形式 エフ・ミユラーリヤー 著 ; 不破祐俊, 板橋倫行 訳 内外出版
昭和5
日本国現報善悪霊異記 景戒 述 ; 板橋倫行 校訳 春陽堂
昭和4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
横濱ホテル逸事 板橋 倫行
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想