磯野 富士子   (1918-2008)

磯野 富士子(いその ふじこ、1918年3月24日 - 2008年1月5日)は、モンゴル研究家、評論家、翻訳家。 広島県生まれ。 日本女子大学校英文科卒業。 磯野誠一と結婚、1943年誠一とともにモンゴルに行き、西北研究所の所員となる。 戦後帰国、『冬のモンゴル』を刊行。 61年「再び主婦労働について」を発表し、第二次主婦論争の口火を切る。 66年『オルドス口碑集』の翻訳を出版、パリのラティモア-モンゴル学研究所主任研究員となる。 [著書] 『冬のモンゴル』北隆館 1949 のち中公文庫 『家族のなかの人間』筑摩書房 1962 『よい子よい親の条件』明治図書出版 1964 シリーズ・現代家...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イソノ フジコ
人物別名 磯野富士子
生年 1918年
没年 2008年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
オルドス口碑集 A. モスタールト 著 ; 磯野富士子 訳 平凡社
2003.9
中国と私 ラティモア [著] ; 磯野富士子 編・訳 みすず書房
1992.9
ハーバート・ノーマン全集 大窪愿二 編訳 岩波書店
1989.3
冬のモンゴル 磯野富士子 著 中央公論社
1986.3
英語教師ハンドブック 中教出版出版部 編 中教
1986.6
いつのまにか英語でしゃべれた 磯野富士子 著 中教
1985.7
よい子よい親の条件 磯野富士子著 明治図書
1975
モンゴル革命 磯野富士子 著 中央公論社
1974
婦人論 松原治郎, 神田道子編集・解説 至文堂
1972.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想