磯村 英一   (1903-1997)

磯村 英一(いそむら えいいち、1903年1月10日- 1997年4月5日)は、都市社会学の研究者。 [来歴] 東京府出身。 第二次世界大戦前後には東京府に公務員として勤務。 1943年7月1日の東京都制施行と同時に渋谷区長に就任し、1945年12月まで務めた。 1953年に東京都庁退職後には学究生活に転じる。 後に国際東アジア研究センター名誉所長、東京都立大学名誉教授、東洋大学学長などを歴任した。 母はNHK朝の連続テレビ小説『はね駒』のモデルとなった新聞記者の磯村春子。 [経歴] 1928年 - 東京帝国大学卒業 1936年 - ベルリンへ留学 1943年 - 東京都渋谷区区長就任 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イソムラ エイイチ
人物別名 磯村英一
生年 1903年
没年 1997年
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の社会病理文献選集 松下武志 編・解説 クレス
2011.5
リーディングス日本の社会福祉 岩田正美 監修 日本図書センター
2010.6
戦後家族社会学文献選集 渡辺秀樹, 池岡義孝 監修 日本図書センター
2008.4
戦後家族社会学文献選集 渡辺秀樹, 池岡義孝 監修 日本図書センター
2008.4
戦後家族社会学文献選集 渡辺秀樹, 池岡義孝 監修 日本図書センター
2008.4
戦後家族社会学文献選集 渡辺秀樹, 池岡義孝 監修 日本図書センター
2008.4
世界女性学基礎文献集成 水田珠枝 監修 ゆまに書房
2001.12
未来の都市への挑戦 磯村英一 著 ぎょうせい
1997.4
現代の人権と同和問題 磯村英一, 宮崎繁樹 編 明石書店
1996.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想