中村 祐輔   (1952-)

中村 祐輔(なかむら ゆうすけ、1952年12月8日 - )は日本の医学者。 専門は遺伝学、分子生物学。 東京大学医科学研究所教授を経て、シカゴ大学医学部血液・腫瘍内科教授。 [来歴] 1977年大阪大学医学部を卒業。 旧大阪府立病院、市立堺病院等に勤務後、渡米。 高度多型性VNTRマーカーを単離。 その後1991年大腸癌抑制遺伝子APCを発見。 2001年癌遺伝子等に関わる成果のトランスレートリサーチを展開するべくオンコセラピー・サイエンスを創設した。 2010年4月独立行政法人国立がん研究センター研究所所長に就任したため、同社社外取締役を辞任したが、現在も同社の筆頭株主である。 [経歴...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ ユウスケ
人物別名 中村祐輔

Nakamura, Yusuke
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ディープメディスン : AIで思いやりのある医療を! エリック・トポル著 ; 柴田裕之訳 NTT
2020.5
がん消滅 中村祐輔 [著] 講談社
2019.9
これでいいのか、日本のがん医療 中村祐輔 著 新潮社
2013.2
がんワクチン治療革命 中村祐輔 著 講談社
2012.12
がんペプチドワクチン療法 中村祐輔 監修 ; 市民のためのがんペプチドワクチンの会 編 旬報社
2012.9
医の未来 矢崎義雄 編 岩波書店
2011.3
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動(がん支援) : がん研究ネットワーク - がん支援総括支援活動班
2010.9-
これからのゲノム医療を知る : 遺伝子の基本から分子標的薬,オーダーメイド医療まで 中村祐輔 著 羊土社
2009.7
がんペプチドワクチン療法 中村祐輔 編 中山書店
2009.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想