青木 恵哉   (1893-1969)

"青木 恵哉"(あおき けいさい、1893年4月8日 - 1969年3月6日)は日本の伝道師。本名は"青木 安二郎"。 回春病院に転院、ハンナ・リデルの感化を受け1927年に沖縄の病友へ伝道に行く。焼き討ち事件などがあったが、病友と守り続けた土地を基にして国頭愛楽園が誕生した。 [略歴] 1893年徳島県で出生。16歳でハンセン病を発病し、新聞広告の薬を片っ端から取り寄せたが無効であった。父に連れられて神社にまいり、19歳時には四国八十八箇所の霊場詣りの旅に出た。1916年に香川県の大島療養所に入所。ある男性の信仰の深さに触れ、聖書を読む。1918年にアメリカ人宣教師のエリクス...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アオキ ケイサイ
人物別名 青木恵哉

青木, 安次郎

Aoki Keisai
生年 1893年
没年 1969年
職業・経歴等 信者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
選ばれた島 青木恵哉 著 新教出版社
1972
一葉 : 青木恵哉遺句集 青木恵哉 著 青木恵哉頌徳碑建立期成会
1971
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想