チカップ 美恵子   (1948-2010)

チカップ 美恵子(チカップ みえこ、本名・伊賀 美恵子(いが みえこ)、1948年9月2日 - 2010年2月5日)はアイヌ文様刺繍家、文筆家。 北海道釧路市出身。 『チカップ』とは、アイヌ語の名詞「cikap」で『鳥』という意味。 [経歴] 釧路でアイヌ人の家族に生まれる。 伯父に、エカシとして有名な山本多助がいる。 幼少期より、母の伊賀ふでより、アイヌ文様刺繍とアイヌ歌舞ウポポを習う。 兄に、アイヌ民族活動家の山本一昭がいる。 少女時代に映画にも出演したことがある。 このときの写真が無断使用された学術書が出版され、『アイヌ民族肖像権裁判』となる。 首都圏で、アニメーション彩色の仕事につく...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ チカップ ミエコ
人物別名 チカップ美恵子
生年 1948年
没年 2010年
職業・経歴等 工芸家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
チカップ美恵子の世界 : アイヌ文様刺繍と詩作品集 チカップ美恵子 刺繍作品・エッセイ・詩・イラスト ; 植村佳弘 写真・解説 北海道新聞社
2011.9
カムイの言霊 : 物語が織り成すアイヌ文様 チカップ美恵子 著 現代書館
2010.1
森と大地の言い伝え チカップ美恵子 編著 北海道新聞社
2005.3
月のしずくが輝く夜に : アイヌ・モシリからインドへの祈りの旅 チカップ美恵子 著 現代書館
2003.9
アイヌ・モシリの風 チカップ美恵子 著 日本放送出版協会
2001.6
アイヌ民族の暮らしと文化 チカップ美恵子著 中央大学人文科学研究所
1998.3
私とは何か 河合隼雄, 中沢新一 共同編集 岩波書店
1998.1
アイヌ文化を伝承する 萱野茂 [編] 草風館
1998.7
アイヌ文様刺繍のこころ チカップ美恵子 著 岩波書店
1994.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想